2016年08月28日

主体性なき日本外交

1年前の今日、私は日本外交について、次のような感想を記した。



抗議しているのか、はたまた「友好」を演じてみせているのか、全く分からない。



この日本外交の体質は、国民を騙すものでしかない。



派手な首脳外交の素顔を頭に刻んでかないと、後でほぞを噛むことになる。



☆以下は1年前のわたしの感想 ↓



中国の国営通信「新華社」が天皇陛下に侵略の謝罪要求をしたことについて、


岸田外相が「ご指摘の内容は天皇陛下に対する礼を著しく失している」と不快感を表した。



http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000057650.html



新華社の評論を「ご指摘」とはどういう意味?


非礼な謝罪要求に対してまで敬語≠使わなければならないのが日本外交なのか。


批判しているのか、そうでないのかが分からない事例の一つに、


ロシアのメドベージェフ首相の択捉島訪問に対する安倍首相のコメントがある。


訪問を批判しながら、ロシアとの友好を語っている。


こんなことで、相手には日本の真意は伝わらるはずもない。


日米同盟の深化、沖縄・辺野古問題も然り。


最近、心にもないような敬語、謙譲語が使われ過ぎないか。


例えば「・・・させていただいている」が典型的。


☆いかがでしたか、そのとおりではありませんか皆さん。



posted by 裁判官 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。