2016年08月04日

「説明不能だった」1年前の安保法制国会論議

去年の今ごろは、安保法制国会論議が頂点に達し、

安倍政権の説明する集団的自衛権行使のちぐはぐさが毎日のようにバレバレとなり、

国会周辺には「戦争法案反対」「安倍やめろ」の声が響き渡っていた。

そんな状況を見ながら、次のような私は次のような感想をFace Bookに載せた。
★ミサイルも武器ではないらしい。

こういうインチキは世界に全く通用しない。

しないのが分かっていながら、臆面もなくウソをつく。

そうしないと、安保法制は完成しない。

ウソで固めた法制で国民の幸せなど守れない。

同盟国の米国は腹を抱えて笑っているのが手に取るように分かる。

こんな子供じみたインチキ答弁で集団的自衛権を得々と語るのだから、話しにもならない。
皆さんもお気づきのことと思うが、

委員会で中谷防衛相の持つ答弁資料(事務方が用意)が多すぎて、

防衛相はどの紙を読めばいいのか混乱している。

事務方が質問の度に防衛相に近寄り、

模範答弁を教えている。

防衛相は頭が真っ白になり、

自分で何を答弁しているのか分からなくなっている。

可哀そうなのは中谷防衛相だ。

もう少し身軽な身にしてあげるべきではないか。

いっそのこと、安倍首相が防衛相を兼務するといい。

ーーーーー

聞いていられなかったのは、

今回の内閣改造で姿が消えた中谷の何とも言えないお粗末さだった。

その様子を再現するので、次のURLを開いてほしい。


posted by 裁判官 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 安保法制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック