2016年08月02日

続き・東京都知事選で小池圧勝


報道各社が指摘する鳥越俊太郎の敗因は、

戦いの真っ只中に飛び出した週刊誌の「スキャンダル記事」、

それと、76歳という「年齢」に加えて、野党統一候補とされながら、

「政策」について各政党の主張にまんべんなく触れざるをえず、

結果として都政に向けた鳥越の情熱が十分燃焼できなかったことだ。

自分で担ぎながら、投票日の前日に9月の代表選に出ないと言った、

民進党の岡田克也の信じ難い政治音痴が決定的だった。

私は同業の鳥越の「弱さ」を感じながら、

都政刷新には鳥越を登壇させたいと思っていただけに、

岡田の世間知らずの話にはらわたの煮え返る思いだった。

鳥越応援に身を切ってまで力を注いだのは、他ならぬ共産党である。

週刊誌が報ずるスキャンダルの信ぴょう性が眉唾で、裏で糸を引くワルがいたことは間違いないが、

所詮、この社会はスキャンダルが奥の手として使われ、庶民を動揺させるものだ。

だが、鳥越の弱点を私なりに言うと、

まず、彼はジャ−ナリスととしての品格を思ってか、選挙に欠かせないハッタリができなかったこと。

2つ目は「暮らしてよし」「働いてよし」「環境によし」などというキーワードが弱かった。

「3つのよし」はあまりにも抽象過ぎる。

聴いている有権者が「そうだ!」と思わなかっただろう、つまり、聴衆の心に響かなかったのだ。

少子、高齢、子育て、震災など、都政が直面する緊急課題はあまりにも多く、重たいものばかりだ。

特派員生活は経験したが、社会部出身の鳥越の政治や行政への関心の度合いが具体的でなかった。

突然立候補したのだが、知恵袋の選挙参謀がいれば、政策の取り繕いはできたはずなのだが・・・。

そして、鳥越の演説を聴いていて思ったのは、

演説が上手くなかった。

下手だったと言ってもいい。

「ハッタリ」がなかったと先に指摘したが、

小池の上手すぎる演説を聴いていると、鳥越の「へた」さが嫌でも分かる。

物書きのジャーナリストだから、話はあまりうまくないとしても、

知事選に出た以上、名文を書く以上の知恵を何故、使わなかったのか不思議でならない。


小池は今日、登庁、記者会見で都政改革の青写真を語った。

出来栄えは、正直、良かった。

記者会見の受け答えも型苦しさのない出来だった。

長い政治経験と、テレビキャスターのテクニックを十分に活用し、これに度胸が据わっていたのだから申し分ない。

都議会の自民党は小池のあいさつ回りから逃げ、

またも都民のひんしゅくを買うバカなことをした。

小池が言う「改革」が必要なことを、自民党都連はまたも自ら証明してしまった。


posted by 裁判官 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。