2016年08月01日

小池圧勝の都知事選を振り返る

東京都知事選は意外なほどあっさりと291万票を獲得した小池百合子の圧勝で終わった。

選挙戦術のうまさは、下手なプロの選挙屋など、足元にも及ばない彼女の度胸と緻密な戦略があった。

自民党都連会長の石原伸晃の、あまりにもずさんでいい加減な選挙戦略が逆に浮き彫りになった。

党都連会長とは名ばかりの、いつまでたっても成長しない。

政治家人生をそろそろ畳んでしまった方がいい。

親爺の慎太郎は、伸晃と同じ年齢のころは、自民党の暴れ馬で馴らしていた。

太陽族の元祖だから、齢をとってもやることが刺激的だった。

苦労もせず、日テレに入社、その後政界に転じたまでは良かったが、

なにせ苦労知らずの2世議員だから、多少派手にふるまってもメッキはすぐはがれる。


ところで都知事選を総括すると、

2位の元岩手県知事の増田寛也(179万票)は、自公推薦の最低レベルの得票で終わった。

自公と自民都連のボスどもが曲がりなりにも一生懸命頑張ったのだから、

もっと小池といい勝負をしても良かったのだが、

なにせ増田には人間的な魅力はなかった。

官僚OBだから、そこそこ政策らしい話はできるのだが、

なにせ彼には難題を切り開くエネルギーがない、感じられもしない。

自公の大神輿に乗せられ、その気になったのだが、所詮は飾りにすぎない。

小池が想定外の行動に出てしまったため、前知事の舛添要一が汚しまくった都政には、

無印でも行政に通じた素人がいいと。

そうすれば、小池にかき回されなくて済むと考えたのだろう。

別に増田に白羽の矢を立てたわけではない、

自公の組織力を回転させれば無印でも勝てると踏んだのだろう。

ところが、その考えが超甘すぎた。

組織を締め付ければ効くと思って出した「通達」が悪すぎた。

非推薦候補(小池)を応援したら、その議員の親族であっても処分≠キるというのだから、

まるで、北朝鮮の若き独裁者が下した処刑≠ンたいなものだ。

党都連のボス名で出されたが、党内からも悪評たらたらだった。

小池には棚ボタ応援歌みたいなものだった。

もし増田が当選でもしたら(確率はゼロだったが)、

増田は間違いなく安倍政権と党都連の使い走りをさせられるだろう。

行政経験を自慢していた増田だが、彼の知事時代の功績は何もない。

岩手の田舎の知事をやった男が、

殺しても死なないような政治ゴロが数えきれないほどいる中央で「行政経験」を発揮できるはずがない。

東京都政のこれからを考えると、

初の女性知事となる小池の過去のキャリアから多少不安なことはあるが、

彼女が今回の選挙で見せたいさましいタンカが、

伏魔殿の都政、都議会に風穴を開けてくれる期待はできる。

※野党統一候補となった鳥越俊太郎については、長くなるのでこの続きで触れることにする。







posted by 裁判官 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440640422

この記事へのトラックバック