2016年07月20日

熱さ増す東京知事選

東京都知事選が熱くなった。


ここにきて飛び出したのが、


男勝りの度胸で、自民党の推薦もなしにもろ肌脱いで$いを挑んだ小池百合子の


「病み上がり」発言だ。


念頭にあったのは、ジャーナリストで野党統一候補になった鳥越俊太郎だ。


ガンを克服して安倍政治の独走に一矢報いようと立候補、


知名度と格好の良さで序盤戦は小池との競り合い、中盤戦になだれ込もうとしている。


小池の「病み上がり」は、鳥越への個人攻撃にとどまらず、


世の病魔との戦いに苦悩する人たちの気持ちを逆なでしてしまった。


明らかに、小池の脱線発言だ。


選挙戦とはいえ、言っていいことと、悪いことがある。


小池は、その一線を越えてしまった。


小池に告示前の劣勢予測をひっくり繰り返す都民の熱い応援があったのは事実だが、


その想定外の人気に気を良くして調子に乗り過ぎたようだ。


私も個人的には自民・東京都連と真正面から闘おうとする小池の男勝りの度胸に感心もした。


鈍くさい自公推薦の増田寛也などより、魑魅魍魎とした都議会に挑むにはいい人物だと思った。


戦いは中盤戦に入る。


知名度のなさを挽回しようと繁華街などを練り歩く増田だが、


「あの人誰れ?」などと言われるようでは、鳥越、小池の戦いに紛れ込むことは無理だろう。


選挙戦はますます熱くなるだろう。


酷暑のこの時期の戦いは、明日の都政の健全化への道になる。


知事選は国政とは違うとはいえ、韓国並みのGDPの東京都だ。


そんじょそこらの知事選とは訳が違う。国政絡みの論戦があっても当然だろう。


難題山積の東京都だ。


防災、待機児童、健康・福祉、教育などと挙げたらきりがないほど問題だらけだ。


そんな難問に即効的な公約を挙げろと言われても無理だ。


要は、そうした問題に挑戦する情熱を誰が持ち合わせているかということだ。


誤りなき選挙結果を期待してやまない。




posted by 裁判官 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京知事選「 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440227655

この記事へのトラックバック