2016年08月28日

主体性なき日本外交

1年前の今日、私は日本外交について、次のような感想を記した。



抗議しているのか、はたまた「友好」を演じてみせているのか、全く分からない。



この日本外交の体質は、国民を騙すものでしかない。



派手な首脳外交の素顔を頭に刻んでかないと、後でほぞを噛むことになる。



☆以下は1年前のわたしの感想 ↓



中国の国営通信「新華社」が天皇陛下に侵略の謝罪要求をしたことについて、


岸田外相が「ご指摘の内容は天皇陛下に対する礼を著しく失している」と不快感を表した。



http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000057650.html



新華社の評論を「ご指摘」とはどういう意味?


非礼な謝罪要求に対してまで敬語≠使わなければならないのが日本外交なのか。


批判しているのか、そうでないのかが分からない事例の一つに、


ロシアのメドベージェフ首相の択捉島訪問に対する安倍首相のコメントがある。


訪問を批判しながら、ロシアとの友好を語っている。


こんなことで、相手には日本の真意は伝わらるはずもない。


日米同盟の深化、沖縄・辺野古問題も然り。


最近、心にもないような敬語、謙譲語が使われ過ぎないか。


例えば「・・・させていただいている」が典型的。


☆いかがでしたか、そのとおりではありませんか皆さん。



posted by 裁判官 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄・高江の、この強制排除は何だ!

沖縄の辺野古埋め立て、高江ヘリパッド建設を巡る国と地元との対立がエスカレートしている。

「遂に」と言うか、現場で取材中の記者が機動隊に拘束される事態が起きてしまった。


日本新聞協会はなぜ動こうとしない。

こんな状況を見せられて、なぜ「怒り」の一言も出せないのだろう。

かつて琉球新報が石垣島での自衛隊基地増設計画をすっぱ抜いた時、

防衛省は同紙と新聞協会に、異例な抗議を申し入れたことがあった。

この時、同協会編集委員の1人、高知新聞編集局長(当時)が問題提起し、言論介入に抗議した。

辺野古、高江問題は明らかな人権弾圧である。

大げさな言い方ではない。

紙面を手に読むことができないのなら、

せめて、インターネットで詠んでほしい。

本土から警視庁などの機動隊を派遣して、

建設に反対する住民を強制排除する光景は異様としか言いようがない。

本土の報道機関の見て見ぬふりは許されない。

posted by 裁判官 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄・辺野古・高江 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。