2016年08月27日

専門誌が「汚染水」で異例の対日警鐘

「世界で厳しい安全基準」だといくら強調しても、


世界的な科学雑誌の「ネイチャー」にここまで厳しく指摘されたのでは、安倍マリオも反論できない。


リオ五輪閉幕で2020年の東京五輪はスタートを切った。


メイン競技場の設計・デザイン、建設費用、政治の過剰介入で国民の喜びに冷や水を浴びせ、


しかも東京招致決定を引き出した安倍の「(汚染水は)アンダーコントロール」がウソで、


その処理対策に妙案もない現状が明らかになったにもかかわらず、


安倍はスーパーマリオに扮して世界の失笑を買った。


ネイチャーはそうした事実を丹念に時起こし、


日本政府の行動の遅さと情報公開の不備を突いた。


成長戦略という自己満足のアベノミクスを少しでも延命させようとする原発再稼働が動き出している。


鹿児島県知事が法的拘束力はないというものの、


九州電力に川内原発の運転停止を求めたのは、


住民の生命財産を守る知事として、当然の行動だ。


世界は、原発の危険性に立ちあがっている世界の識者たちが、


こうした日本の矛盾を注視しているのは当然だし、


この矛盾がいつの日か日本を取り返しのつかない事態に追い込むことにならないか危惧せざるをえない。


posted by 裁判官 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 安倍政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。