2016年07月29日

都知事選のスキャンダルの裏に何が?



「面白くなければテレビではない」

とテレビ視聴率で他の放送局を慌てさせたフジテレビの不振が話題になっているのは誰でも知っている。

ところで、東京都知事選が始まってから東京都民だけでなく、

全国の関心を引き付けているのが、

野党統一候補となったジャーナリスト出身の鳥越俊太郎の「過去」を暴き出すスキャンダラスな記事だ。

週刊誌が読者の目を引き付ける見出し(中身はないが)で部数を稼ぐのは今に始まったことではない。

読者の好奇心をくすぐり、新聞では分からないような下世話な話題も提供する。

そんな週刊誌の特性だが、

新聞も首をかしげるような週刊誌の見出しを真似て、

新聞も読者受けするような見出しを使うようになった(週刊誌ほど下品ではないが)のは、そんなに古い話ではない。

今回の東京都知事選を巡る鳥越俊太郎に関する記事は、

どんな言い訳をしようとも選挙妨害でしかない。

ネタ元はどこなのか、

埃にまみれた取材メモ≠ェ

都知事選のタイミングで息を吹き返すとは、まともな取材を経験してきた者には全く信じ難い編集である。

週刊文春は先の参院選で、

「安倍首相から直接出馬を要請された」という「トンデモ候補」の出馬について、

彼の記者時代の過去を滔々と書いたが、トンデモ候補は比例で上位当選を果たした。

彼の当選は文春にとっては想定外だったろう。

「売れればいい」ーーは前述のフジテレビの発想と同じだ。

選挙戦最中に、それも根拠があいまいでフォロー取材を欠いた記事を、堂々と誌面にでかでかと載せる感覚は理解を超える。

記事は言うまでもなくデスクワーク、編集責任者の目を経て読者のもとに届く。

当事者はともかく、一般読者は記事に驚きするし、

ガセネタだと一笑にふす人も様々だ。

だが間違いなく、その週刊誌は売れる。話題の選挙ともなれば、通常の2〜3倍は売れるだろう。

紙面の限られた新聞の足りなさを埋めて読者に事件や事故の詳細を届けるのが週刊誌の使命の一つだ。

それが、フジテレビ並みに

「面白ければ」「読者が喜べば」いいなどと軽く考えて店頭に並べられたのでは、

単なる下ネタ雑誌と同じではないか。

だが私が問題だと思うのは、前述したが、

こんなスキャンダル記事が出てきた背景である。

一義的には記者、編集者に問題があるのは間違いないが、

それを「引き出し」、そして「火をつけた」存在の有無である。

選挙に「人気投票」の一面があるのは事実だ。

と同時に、政治・行政のかじ取りを選ぶ手続きだから、

それらに関わる個人や組織にとっては「戦い」でしかない。

勝つためには手段を択ばない。

僅差であろうが、勝ってなんぼの世界だ。

そこには様々な思惑が入り乱れる。

週刊誌が政争に利用されたのか、そうではないのか。

それを見極めることは難しいが、

週刊誌記事の良し悪しを言い合っているだけでは真相は見えない。



posted by 裁判官 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

鳥越、熱き思いをぶっつけろ

東京都知事選はあと丸4日の勝負となった。

各メディアの中盤情勢調査だと、

小池が序盤からの優勢を保ち、ここにきて増田が組織力を使った強みを発揮しだしたそうだ。

鳥越は序盤の勢いに少しばかり力がなくなり、増田と2番手争いになっていという。

有り体に言えば、鳥越の見識、経験が他の2人を超えるのだが、

選挙というものは、それだけで勝ち負けが決まるものではない。

有権者をどう引き付ける・・・・

人間的な魅力、見識で有権者を唸らせることは大事だが、それだけではない。

時にはハッタリをかますことも必要だし、大風呂敷を広げることも大事なのである。

鳥越の弱点とされるのは、

年齢、週刊誌の女性スキャンダル報道、具体的政策が聞こえない・・・

などである。

ジャーナリスト出身の鳥越が地方行政に弱点がある指摘されるが、

行政とは候補者が店頭のバナナ売りみたいに口上をのたまえば、いいというものではない。

都政が直面する問題は防災、過密、東京五輪、児童福祉、教育など挙げたらきりがない。

そういった問題に、訳知り顔で「私はこうします」というのは、

逆に、「本当にできるのかね」となる。

都庁には霞が関の官僚にも劣らない優秀な役人がごまんといる。

要は、彼らの知恵をどう現実の行政として形にするかである。

「私は地方行政に明るい、経験も長い」という自賛は、役人にとって迷惑至極である。

地方の知事をやってきたというが、東京は1国の経済規模を有する巨大都市だ。

「行政を長いこと経験してきたから、私にはできる」と増田は言うが、

それは、企業に長いこと勤めた会社員が、会社員だったことを自慢するに等しい。

優秀な役人の知恵をどう引き出し、都政に反映させるか。

それこそが、知事に求められるものだ。

神輿に乗せられていい気になっているようでは、先が思いやられる。

魑魅魍魎とした都議会を相手に、神輿に乗った男が仕事をできるはずもない。

ここはジャーナリストとして修羅場を潜り抜けてきた鳥越に都政のかじ取りを託するのがベターだと思う。

残り少ない時間だが、鳥越にはジャーナリストの紳士ぶりをかなぐり捨てて、

熱い想い、都政への熱情をぶつけてもらいたい。

その先には、必ず勝利の美酒がある。
posted by 裁判官 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都知事選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

熱さ増す東京知事選

東京都知事選が熱くなった。


ここにきて飛び出したのが、


男勝りの度胸で、自民党の推薦もなしにもろ肌脱いで$いを挑んだ小池百合子の


「病み上がり」発言だ。


念頭にあったのは、ジャーナリストで野党統一候補になった鳥越俊太郎だ。


ガンを克服して安倍政治の独走に一矢報いようと立候補、


知名度と格好の良さで序盤戦は小池との競り合い、中盤戦になだれ込もうとしている。


小池の「病み上がり」は、鳥越への個人攻撃にとどまらず、


世の病魔との戦いに苦悩する人たちの気持ちを逆なでしてしまった。


明らかに、小池の脱線発言だ。


選挙戦とはいえ、言っていいことと、悪いことがある。


小池は、その一線を越えてしまった。


小池に告示前の劣勢予測をひっくり繰り返す都民の熱い応援があったのは事実だが、


その想定外の人気に気を良くして調子に乗り過ぎたようだ。


私も個人的には自民・東京都連と真正面から闘おうとする小池の男勝りの度胸に感心もした。


鈍くさい自公推薦の増田寛也などより、魑魅魍魎とした都議会に挑むにはいい人物だと思った。


戦いは中盤戦に入る。


知名度のなさを挽回しようと繁華街などを練り歩く増田だが、


「あの人誰れ?」などと言われるようでは、鳥越、小池の戦いに紛れ込むことは無理だろう。


選挙戦はますます熱くなるだろう。


酷暑のこの時期の戦いは、明日の都政の健全化への道になる。


知事選は国政とは違うとはいえ、韓国並みのGDPの東京都だ。


そんじょそこらの知事選とは訳が違う。国政絡みの論戦があっても当然だろう。


難題山積の東京都だ。


防災、待機児童、健康・福祉、教育などと挙げたらきりがないほど問題だらけだ。


そんな難問に即効的な公約を挙げろと言われても無理だ。


要は、そうした問題に挑戦する情熱を誰が持ち合わせているかということだ。


誤りなき選挙結果を期待してやまない。




posted by 裁判官 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京知事選「 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

テレビコメンテイターの資質

自民党幹事長の谷垣禎一が趣味の自転車で転倒、入院してしまった。


趣味が高じて思わぬ災難ともいえるが、

私と同世代(私の方が若干年長だが)だから、趣味とはいえ、あまり無理しない方がいいと思うのだが。

ところが今夜(19日)のテレ朝のニュースステーションを観ていたら、

コメンテイターが、谷垣の転倒を近く予定される内閣改造、党役員人事に絡めて、

面白おかしく解説していた。

相変わらずの、永田町講談師の紙芝居である。

自転車転倒がとう役員人事につながるような大事件≠ネのか。

谷垣のケガの様子を心配して見せるぐらいなら許せるが、

これを、さも大げさに党3役人事に引っ張り込んで、したり顔で話すような大ごとなのか。

もっと、いまの日本の政治の置かれた状況を心配して見せるべきではないのか。

ポスト安倍がささやかれ始めた東京・永田町のスズメたちに、

格好の話題を投げかけてみせたのか、

あるいは、人事に一喜一憂する議員心理をもてあそんだのかは、私には分からない。

だが、政局ジャーナリスが面白おかしく語る永田町講談は、国民・視聴者にとって何の薬にもならない。

コメンテイターに視聴者が期待するのは、冷徹な「分析」である。

番組改編前のニュースステーションは、数人のコメンテイター登場してそれぞれの視点を語った。

だから、番組にも変化、多様性があって視聴者を引き付けた。

だが、今のニュースステーションには、その魅力はない。

視聴者を戸惑わせるくらいの切り口が求められることを、番組関係者は思いだすべきではないか。

#テレ朝






posted by 裁判官 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャーナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

トルコのクーデター騒ぎが教える

「トルコでクーデター」の第一報を見て、思わず2・26事件が頭に浮かんだ。

まさかとは思ったが、テレビが映し出す首都アンカラでは戦車が街を走り、戦闘機も飛行している。

1936年(昭和11年)2月26日に青年将校らが起こし、一時的ながら首都を制圧した事件を彷彿とさせた、例の2・26事件のことだ。


アンカラの反乱の一部部隊は正規軍と戦闘状態となったが、

エルドアン大統領の呼び掛けに応じた国民のパワーもあって鎮圧された。

やれやれ、ホッと胸をなでおろしたが、

フランス屈指のリゾート、ニースでのテロの惨劇があったばかりだ。

その直後だけに、不穏な欧州情勢に世界が驚いただろう。

何が起きるか分からないのが、今の欧州だ。

各国の連携で追い込まれたIS・イスラム国の兵士は何をしでかすか分かったものではない。

ところで18日付の朝日新聞の天声人語は、なかなか示唆に富む。

気が付かなかった人もいるかもしれない。

是非、目を通していただきたい。→

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12466487.html?rm=150 

今度の騒動は正直言って、「クーデター」などというような計画性はまるでなかった。

結局、正規軍と不在だった大統領の呼び掛けに呼応した国民らによって鎮圧された。

私が読んでいて気になったのは大統領がますます強権的なっていることだ。

記事には

「政権は大統領の政敵とされる人物を事件の首謀者だと断定し、

関係が近いとみられる裁判官ら2千人余の職権も一時停止した。

そうでなくとも大統領に批判的な学者や記者が摘発され、言論の自由が脅かされている」

とある。

わが国の政治状況も、「安倍一強」の下で、何となく嫌な雰囲気が漂い出している。

特に参院選で圧勝した首相の安倍は、

選挙前はおくびにも出さなかった憲法改正を堂々と言い出している。

参院選は「アベノミクス」を争点としたはずなのに、

終わってしまえば、「憲法改正」である。

特定秘密保護法、集団的自衛権行使、安保法制・・・・

いずれも国政選挙の大勝を手にしてからの安倍政治である。

有権者は安倍政治に白紙委任したわけではない。だが、本人は選挙結果がすべてと言わんばかりの態度である。

トルコのクーデター騒ぎを読みながら、わが国はどうなっていると思ってしまう。


posted by 裁判官 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | トルコのクーデター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

仏・ニースのテロに想う

世界的なリゾート地であるフランス南部のニースで起きた大型トラックを使ったテロを見て、

あらためて、無差別テロの怖さを思い知らされたのは私だけではあるまい。

よりによって、テロはフランス革命記念日を祝う花火大会の日である。

花火大会も終わり、花火の華やかさの余韻のまだ残る時にテロが襲いかかってきた。

大型トラックが、この時を待っていたかのように

見物客が歩く道路を蛇行しながらスピードを上げ、次々と歩行者を跳ね飛ばしたという。


報道によると、事件の現場となった地中海沿いの道路「プロムナード・デ・ザングレ」には約3万人の見物客がいた。

死者80数人、100人を超える負傷者を出す大惨事となってしまった。

どんな場所で、いつ起きるか分からないのがテロだ。

イスラム過激派によるテロが世界各地で続いている。

そのつど欧米各国首脳は最大級の非難の言葉発するが、その言葉は過激派グループに届いているとも思えない。

届いていたとしても、彼らは聞く耳を持たないだろう。

イスラム国(IS)による度重なる自爆、銃乱射テロは攻撃対象をその国の重要施設から、

ソフトターゲットと呼ばれる、ごく当たり前の生活の場を狙いだしている。

そこは市民の日常の生活の場であり、憩いの場でもある。

人々に恐怖心を与えて社会を混乱させ、己の目的を達しようとするのがテロ集団の狙いである。

日本は先の伊勢志摩サミット開催で、かつてないテロ警備態勢を敷いた。

幸い不穏な動きはなかったが、周りを海に囲まれた島国の日本だから大丈夫ともいえない。

日本政府は考えられる最大の水際作戦を敷いてテロ対策に万全を期した。

だが、重ねて言うが、これで大丈夫という態勢は不可能といっていい。

各国との情報を共有、一方で国内監視に目を光らせることはできても、

ニースのテロを見れば、態勢に限界があるのは仕方ない。

2020年の東京五輪・パラリンピックを控える日本に、今回のテロが突きつけた教訓はあまりにも複雑で、かつ大きすぎる。

テロ撲滅で世界が共同歩調をとる重要性は今さら言うまでもないが、

過激派は追い詰められれるほど、新たなテロを引き起こす。

考えたくもないが、

治安当局が国民を総監視する衝動に駆られることがあるかもしれない。

テロ再発防止に全力を投入することはもちろんだが、力をもってだけではテロを壊滅させることはできない。

テロの背景にある「貧困」「差別」を世界的視点から見直すことも大切だろう。

こぶしを振り上げ、振り回すだけでは解決できない現代のグローバル社会の暗部に

テロ撲滅の処方せんがあるのではないか。








posted by 裁判官 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | テロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

いい加減にしろ、民進党

民進・東京都連会長の松原には、全く調整能力がない。

元経産官僚の古賀茂明に立候補を打診したかと思ったら、

党本部はジャーナリストの鳥越俊太郎に接触中だと。

松原には最初から候補者を絞り込む戦略はなかった。

タレントの石田純一が立候補の意欲を示した時のうろたえぶり、

都連で議論、候補者選考の会長一任を取り付けたが、

所詮知恵ののない松原には荷が重すぎる。

党本部が鳥越擁立に動き出したのも、

これ以上、松原に任せていては都民の信を失うだけと判断したからだ。

松原は民主党政権で「拉致担当」を担ったが、何もできないまま肩書だけで都連会長となった。

民進には「分を知らない、わきまえない」議員がゴロゴロいるが、

多少ましな議員はいる。

いつまでも「昔の名前で出ています」的な幹部が名を連ねる組織に変革、発展を求めるのはないものねだりだ。

参院選は野党統一候補の擁立で善戦したが党勢の退潮は明らかだ。

いつまでも野党第1党などとふんぞり返っていないで、ドブ掃除から始めなさい。
posted by 裁判官 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

有権者の危機感が乏しかった  自公、参院選圧勝

今日の朝刊各紙は「改憲勢力3分の2超える」の見出しが躍る。



気になるのは、野党の戦略の弱さを批判する街の声。



野党の戦略の組み立てに問題があったのは事実だが、



有権者が安全保障、憲法の問題などに懸念を示しながら、



現状を追認したことだ。



ここにも、あなた任せの民主主義≠ェある。



時を経ずに表れるであろう、政治の「信を得た」わがままがにどう向き合うのか聞きたい、のは私だけではあるまい。



posted by 裁判官 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 参院選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

最後の責めは、あなたにきます

多言は無用です。

長めですが、2本のコラムを紹介します。

じっくり読んで参院選の意味を考えましょう。

1本目は池上彰、2本目は早野透氏です。


※早野が言うように「最後は国民が責めを負う」ことを忘れずに。
ラベル:国民の責任
posted by 裁判官 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 参院選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする